japanese_a21.png
  「余命三年時事日記」は、その信憑性が云々されていました。
  しかし、アマゾンでの総合1位を取っている事実からしても、目覚めた方々の支持を受けているのが分かります。
  さらに、アマゾンカスタマーレビューも日々増えています。
  著作権の関係で一部しかご紹介できないのですが、拙ブログをきっかけに、より多くの方にご一読頂きたいと思っています。

RIMG0363.JPG

在日朝鮮人というと、韓国から強制連行された気の毒な人たちという、一種の刷り込みがなされています。
この件に関しては、2015年の1月にNHKの大越キャスターが「在日の強制連行」説を「ニュースウオッチ9」で公言するという体たらく。
在日に乗っ取られた、マスゴミの本賞が露呈した一幕でした。
戦時徴用つまり強制徴用され日本に留まった朝鮮人は、外務省などの調べで245人。
現在日本に滞在する在日朝鮮人の殆どは、自分の意思で日本にやってきた人たちなんです。

在日の終焉

1.改正入管法

改正入管法により、民間においても通名が記載された住民票が閲覧可能となるため、在日朝鮮人が特定できる。
小中学校の教師や弁護士はじめ、町内会、自治会、PTA、防犯協会、交通安全協会、地回りヤクザ等が在日かどうかすぐにわかるということ。
戦時に偽名を持つ在日朝鮮人は合法的処刑か国際法上許されているテロゲリラとみなされるわけだ。
こんなことが見え見えの改正を韓国は何故黙って見ていたのか、これにも大きな思惑がある。
過去つかみきれなかった在日の所在をもとに徴兵賦課、そして一番の狙いは在日資産。
日本の総務省に登録されたカードデータを韓国がうけて自国に住民登録し運用するということだ。
(「余命三年時事日記」p.48より引用)

この明らかな在日締め付けに、韓国側な反発しませんでした。
なぜなら、韓国にメリットがあるからなのです。

韓国としてはこの現状の打開、つまり在日の住民登録は願ってもないことだったのだ。
いまさら韓国に帰国されても、韓国としてはいい迷惑で、韓国語も読み書き不自由、あるいは理解できない半日本人である若い在日韓国人は血と金以外は用がない棄民なのだ。
今回の法改正では、帰化条件の強化と、住居移動についての自由度が制限された。
以前は、どこの役所でも転入できたが、今では前居住地での転出証明がなければ受理されなくなった。
つまり移動を追うことが可能となったのだ。
(「余命三年時事日記」p.51より引用)

米韓相互防衛条約終了後の米軍撤退に向け、在日の徴兵を視野に入れているという訳です。
金による徴兵免除も検討されており、血で払うか、金で払うか、在日朝鮮人は迫られているのです。

2. 在日韓国人の徴兵制

2012年から施行の「兵役法令」によって、3年を超えて韓国に長期滞在するか、営利活動をすると、兵役義務が課されるようになりました。

22未満が日本国籍を取得して日本人として生きる場合、当然すべての在日特権は剥奪される。
彼らは特権はないと言っているのだから、これについて文句はないだろう。
韓国人として生きる場合、兵役に就くことで永住資格は取り消しとなる。
在日韓国人として生きる場合、今後は韓国のあらゆる棄民的嫌がらせと、日本における不安定な地位、生活保護や一銭も払わぬ年金支給などの特権剥奪が目に見えている。
日韓関係が険悪化する中ではこれが一番危険な選択だろう。
(「余命三年時事日記」p.57より引用)

3. マイナンバーと在日特権

以前「韓国への在日住民登録情報になんでマイナンバーが付与されるのか?」という質問が多く寄せられた。
ずばり言おう。これは在日の脱税と特権への対策である。
マイナンバーは人間対人間、人間対組織、その他、人が関係する動きすべてについて回る。
ものを売る者、買う者、給与を払う者、もらう者、すべてについて回る。
ということはマイナンバーを介在してすべてが追えるということである。
日韓は政治的にはぎくしゃくしているが、経済面では相互情報交換条約その他で緊密に連携している。
韓国ではアバウトな住民登録に対して、韓国は日本のマイナンバーシステムをそっくり取り入れることで国内や在日の管理をしようとしているのである。
(「余命三年時事日記」p.61より引用)

憲法では、外国人の福利享受を認めていません。
本来、外国人である在日朝鮮人が生活保護を受ける権利はない筈。
しかし現状は、生活保護費受給率において、在日は日本人の5倍と言われているのです。

ゆうちょ郵便口座00140-2-750198を共同で使用している団体
●しばき隊
●原発やめろデモ弾圧救援会
●日本赤軍重信房子さんを支える会
●9条を変えるな百万人署名運動事務局
●三里塚反対同盟支援会
(「余命三年時事日記」p.72より引用)

上記のような組織の繋がりやお金の流れが把握できるのが、マイナンバー。
在日と反日勢力がマイナンバー反対に動く理由、お分かり頂けたでしょうか?

2015年7月9日以降、国税局の動きも顕著に。
ターゲットは、在日韓国人資産家です。
パチンコ・サラ金・タクシーといった業種では、脱税やマネーロンダリングがなされており、日本のみならず、韓国でも租税政策の対象とされているとか。

憲法9条を錦の御旗として崇める左翼連中ですが、外国人の生活保護費受給は原則憲法違反なんですね。
この問題については、2014年7月18日に「永住外国人は生活保護の対象ではない」という最高裁判決が出されました。

「余命三年時事日記」では、まだまだ興味深い記述が。
引用すると長くなりますので、詳細は本を読む事をお勧めします。
 カテゴリ