pachi.jpg
  在日朝鮮人への優遇が問題視されていますが。
  在日コリアンの富裕層への、国税の動きが強化されてという情報。
  主に、パチンコマネーがターゲットとなっているようです。
  必見動画とともに、ご紹介します。
パチンコマネーに関する必見動画は、コチラ↓をご覧下さい。

国税当局が富裕層に対する資産課税や海外資産への税務調査を強化している。
高齢社会で社会保障の財政支出が増えるなか、公平に税負担してもらうためだ。
特に在日韓国人実業家を対象に、大阪と名古屋で大規模な海外資産の申告漏れが認定されたのは記憶に新しい。
巨額申告漏れ認定の背景に何があったのか。(南昇平)
大手パチンコ店グループ社長は10億円
  韓国の大手銀行「新韓銀行」(ソウル)の株式を保有する近畿、東海在住の在日韓国人らが大阪、名古屋両国税局の税務調査で巨額の所得申告漏れを指摘されたことが27年秋、明らかになった。
  対象は大阪、愛知など4府県の資産家数人。
中でも大阪府内の大手パチンコ店グループは社長個人と法人あわせて約10億円の申告漏れがあったもようだ
  新韓銀行の口座で管理していた同行株の配当や株式譲渡益、利息を居住地である日本で申告していなかったのが原因だった。
関係者によると、当局の調査に株主たちは「韓国で納税していたため、日本で納税義務があることを知らなかった」と話したという。
日本の国税当局は韓国での納税分を差し引いて課税。追徴税額は合計で約5億円に上った。

パチンコマネーについては、自民党内にも御用政治家が存在しています。

北朝鮮への資金源となっており、中々根の深い問題でもあります。


現在「余命三年時事日記」を読んでいる最中です。

在日問題が日本の癌である事実、驚愕です。