20121223-00000044-jijp-000-1-view.jpg
  12月23日は、天皇誕生日。
  昔の「天長節」にあたります。
  皇居では一般参賀が行われ、天皇陛下がお言葉を賜れました。
  日本人として、この日を大切にしたいと思います。
皇居の一般参賀のニュース動画は、コチラ↓をご覧下さい。
天皇陛下のお言葉の動画は、コチラ↓をご覧下さい。

天皇陛下の82歳のお誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。
宮内庁によると、午前10時20分からの1回目には1万3160人が訪れた。
  陛下は皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまとともに、宮殿の長和殿のベランダから参賀者に笑顔で手を振って応えられた。
  陛下は「みなさんから寄せられたお祝いの気持ちを誠にうれしく思います」とお言葉を述べられた。
さらに、豪雨などの被災者を気遣いながら、来年が「明るい良い年となるよう願ってやみません」と語られた。http://www.sankei.com/life/news/151223/lif1512230023-n1.html

「天長節」というのが、本来の名称です。

戦後、GHQの占領政策により、祝日も様変わりしました。

日本の国柄は、天皇家あってのもの。

こういう考えは決して右翼でも何でもなく、古事記に記載された史実です。

天皇陛下はご高齢にも関わらず、ご公務をこなし、宮中祭祀をされています。

陛下と天皇家の弥栄を、謹んでお祈り申し上げます。

 カテゴリ
 タグ