dly1511040028-f1.jpg
 「夫婦同性は合憲である 」
  最高裁判所は、このような判断を下しました。
  夫婦同性は、中国・朝鮮半島の習慣。
  日本にこの制度を導入する事は、伝統を覆す事に繋がります。
  ひとまず、安堵の判決でした。
チャンネル桜の動画は、コチラ↓をご覧下さい。

民法で定めた「夫婦別姓を認めない」とする規定の違憲性が争われた訴訟の上告審判決で最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、「規定は合憲」とする初めての判断を示した上で、原告側の請求を棄却した。
原告は「時代の変化に従って選択的夫婦別姓を認めるべきだ」などと主張したが、「夫婦や親子など家族のあり方が損なわれる」との慎重論は多く、世論調査も賛成・反対が拮抗(きっこう)してきた。
  一方、「女性は離婚後6カ月間、再婚できない」とする規定をめぐる訴訟で、大法廷は「規定は違憲」と初判断。100日間を超える部分は違憲だとしたことで、国は法改正を迫られる。
最高裁が法律を違憲と判断したのは戦後10件目。
  夫婦の姓について原告側は「選択的夫婦別姓を認めないことは、婚姻の自由を不合理に制約していて、両性の本質的平等に立脚していない」と主張。
「規定は違憲で、国会の高度な立法不作為にあたる」と指摘していた。
国側は「民法では、結婚後にどちらの姓を名乗るかについて、夫婦の協議による決定に委ねている。
婚姻の自由や男女の平等を侵害していない」と反論。
規定に違憲性はなく国会の立法不作為にもあたらないと主張していた。http://www.sankei.com/affairs/news/151216/afr1512160018-n1.html

元最高裁判事の泉徳治弁護士の話 

夫婦別姓訴訟は、人権のグローバルスタンダードから遠い判決となった。

姓は個人の人格の象徴で、同姓を強制する民法規定は、個人の尊厳、両性の平等に反する。

生来の姓を継続したいとする人が少数派であっても、その人権を無視してよいということにはならず、個人の人権を救済するのが裁判所の役割だ。

選択的夫婦別姓制度の採用は世界の潮流であり、日本だけが遅れるわけにはいかない。一方、再婚禁止期間訴訟は当然の判決が下った。

http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170009-n1.html


長谷川三千子埼玉大名誉教授(哲学)の話 

夫婦別姓訴訟で最高裁が民法規定を合憲としたのは極めて理の通った判決で、高く評価できる。

寺田逸郎裁判長が補足意見で述べる通り、「人々が求めるつながりが多様化するにつれて規格化された仕組みを窮屈に受け止める傾向は出てくる」のは事実だが、だからといってどこまでも規格を緩めるわけにはいかない。

氏名が個人の人格の象徴であり得るのも、氏(姓)が一定の規格の上に成り立っているからだ。

多数意見は法の番人たるにふさわしい意見だ。

http://www.sankei.com/affairs/news/151217/afr1512170007-n1.html


賛成・反対両方の意見をご紹介しました。

夫婦別姓がグローバルスタンダードというのは、疑問を感じます。

中国・朝鮮半島(特定アジア)の標準と言っていいのではないかと思うのですが?

 カテゴリ